新しく学んだ事

業務システムの受託開発を主に行っています。人生日々勉強。日々新しく学んだ事を記します。主に仕事帰りの電車の中で書いてます!

受託開発のメリット・デメリット その2

受託開発に未来はないというイメージがあるが、
実際はどうなのか?

・受託開発とは
そもそも受託開発とはどういうものか。

受託開発とは、お客様の必要とするものを、オーダーメイドで設計・プログラミングすること
→住宅に例えると注文住宅
  パッケージは建売

メリット
様々な業種の業務内容が知る事が出来る
納品後のカスタマイズ案件が発生しやすい
納品後の保守契約を行える
お客さんと一緒にシステムを作り上げるやりがいがある
案件が発生するごとに売上があがる

デメリット
手戻りが発生しやすく、予定の工数より多くなる
納品後のフォローの時間が多くなる
ノウハウの蓄積がしにくい(次の案件に生かせない)
仕様変更などが発生した場合、契約した金額内で対応しなければならなくなる(追加発注をしにくい)
仕様変更などが発生してもお客さんの希望する納期までに納めなければならなくなる(スケジュールが厳しくなる)
効率よく案件が発生しない場合、空き時間が生じる


[参考URL]

受託開発と自社開発
http://ameblo.jp/tsuji2005/entry-10028587893.html

受託開発がつまらないなんて言わせない
http://d.hatena.ne.jp/gothedistance/20080917/1221656448

受託開発のメリット・デメリットについて
http://d.hatena.ne.jp/gothedistance/20090827/1251347531

パッケージソフト開発と受託開発という選択肢
http://smallcompanyprogramm.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-1ef7.html

受託開発業務 の メリットデメリット
http://jp.meritdemerit.com/topic/192

受託開発は本当にオワコンか? SI業界の未来を前向きに考える
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcom01/special/venturecafe01/01.html

受託開発は敗者のゲーム
http://d.hatena.ne.jp/anthony-g/20120320/1332219128

受託開発の罠
http://www.marenijr.net/mymy/solution/008.html

受託開発と自社開発の両立
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20070219/262375/

受託開発事業から自社媒体事業へシフトするための意識改革のポイントとは?
http://blog.livedoor.jp/ld_directors/archives/50782624.html

その受託開発案件はいいのか悪いのかチェックリスト
http://blogs.itmedia.co.jp/fukuyuki/2012/04/post-4a67.html


今後の可能性

受託開発の規模自体は縮小して行くと思われるが、
全く無くなるわけではない
→パッケージソフト、クラウドサービスでは運用しきれない業務がある

クラウドサービスの普及により、価格については下落していくと思われる

状況は厳しい事は確かだが、その中で生き残るには 


・様々な業種のシステムを開発してきた実績
・技術力
・チームワーク
などをアピールしていく必要がある・
→これらをどうアピールできるか?

・ホームページにて開発実績を紹介し、問い合わせフォームを作成
・過去に開発したシステムから、クラウド化、パッケージ化を行う
・過去に開発したシステムを使用しているお客様へ営業を行う(業務でシステム化が必要なことがあれば提案できる)

新しい受託開発の形
月額で契約する形式の受託開発もあるようです

初期費用0円、月額利用料形式の受託開発
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20101111/354062/

新しい契約形態での受託開発サービス「価値創造契約」
http://www.esm.co.jp/new-agile-contracts-service.html#new05