新しく学んだ事

業務システムの受託開発を主に行っています。人生日々勉強。日々新しく学んだ事を記します。主に仕事帰りの電車の中で書いてます!

力を入れるところを間違えないように

チームで仕事をしていると、今何が一番力を入れるところかを気にしてないとまとまらないなと思う。
一人で勝手に切羽詰まってまわりは余裕になっていたり。
情報を共有しないとなかなかチームはまとまらない。
今何が重要なのかを一人で考えない。
まわりに伝えることでチームが動き出す。

月末は何かしらある

7月の最終日。
システムは月末月初に大きな処理を行うことが多い。
いわゆる締め処理と言われるもの。
次に1度動くし、処理するデータ量も多くなる。
何か障害が発生すると、緊急性が高くなる。
ソフトウェア開発者にとっては月末月初は気持ちを引き締めないといけない時期。

きりのいいところまで

作業のきりが悪く、きりのいいところまで定時後にやった。
残業はしないようにするのが良いけど週末だし中途半端に終わらせたくない気持ちもある。
予定通りに行かなかったときはなおさら。
残業は悪だというイメージはあるけど、自発的にやることは悪ではないかなとも思う。

慎重に慎重を重ねる

プログラムの修正が終わってテストをした。
こうなれば良いというテストはしてもらっていたが、気になるところがあったので確認した。
すると、上手くいってないところが見つかった。
問い合わせのあった障害は治っていたけど他の箇所で影響が出てしまった。
レグレッションテストというやつ。
慎重にやって良かった。

常にリラックス、常に軽く

障害の調査で神経をすり減らしてしまった。
早く調査結果を報告しないといけないという焦りと、障害を出してしまった申し訳なさとか悔しさとか。
でも少し変われたなと思うのは、重く考えすぎないで目の前の事に集中できる時間があった。
根本は仕事ができるようになりたいし、効率良く出来たり、失敗を防いだりする事をやる事。
精度の高いシステムを作る事。

自分の物差しで計らない

人の事を何でそのような行動をするのか理解できない事が良くある。
それで気持ちの浮き沈みがあったりする。
自分ならこうするという物差しがあって、それと違うと嫌な気持ちになるんだと思う。
人の行動は自分の物差しでは計れない。
悪いと思ったら伝えることは必要だけど、それが正解ではないし、話し合ってお互いが納得できれば良いかなと思う。
最近はジェネレーションギャップを感じることが多い。
歩み寄る事が大事なのかなと感じている。

ポケモンGOのレイドバトルでエラー

ポケモンGOのレイドバトルでエラーが出て困っていた。
2、3週間待ってアップデートもしたけど、解決しなかった。
ネットで調べて、スマホの設定を変えてみたりしても駄目。
諦めかけていたら、スマホの時刻の設定が原因らしいとネットで見つけた。
やってみたら何と解決。
日付と時刻を自動設定していないとエラーがでるらしい。

原因が分かってなるほどなと思った。
レイドバトルは時間の制限があるので、現在の時刻以外を設定されると不正が出来てしまう。
ITエンジニアとして感じた事。
・エラーメッセージは詳しく出した方が良い。
エラーの原因が分かるのであれば、メッセージの内容で対策を考えられる。

とにかくエラーが解決できて良かった。
これで心置きなくレイドバトルができる。