新しく学んだ事

業務システムの受託開発を主に行っています。人生日々勉強。日々新しく学んだ事を記します。

600記事目

この記事が600記事目。
ほぼ日記になってしまっているが、続けられているだけ良しとしよう。
先月、初めて1000アクセス達成して、今月も達成した。
徐々にアクセス数が増えていくとうれしい。
ただ、人の役に立つブログにはなれていない。
目標は少しでも人の役に立てる記事を書く事。
最近は雑念が多く、集中力が無くなっている。
それも自分らしいけど、その中で役立つものが書ければなと思う。

つたないブログですが、今後もよろしくお願いします!

仕様変更の重み

作ったプログラムをお客さんに見てもらい、仕様の変更が必要になった。
それまでの仕様でテストをしていたので、再度テストをすることになった。
仕様の変更は避けられないことだけど、出来る限り変更の内容に進めることが大事だと思う。
修正作業がそんなにかからないとしても、テストの時間がかかる。
曖昧な部分をいかに無くせるか。
出来上がったシステムを動かして気付くところもある。
そこを見越して考えてやる事が大事。

承認欲求

最近、インスタとかフェイスブックとかで承認欲求という言葉を良く聞く。
いいねを沢山もらうためにお金を払って友達が沢山いるように人を雇ったり、インスタ映えさせるために写真を撮るためだけに出掛けたり。
沢山のいいねを貰うことで精神的な満足感が得られるのだろうか。
理解できないところもあるけど、仕事においても承認欲求はあると思う。
やはり周りから必要とされたいという気持ちがモチベーションになるのかなと。
誰がやっても出来るような作業ではなく、特化した技術を持ってそれを発揮する。
そんな事が出来ればいいなと思ったりする。
人は一人では生きられないし、誰しも承認欲求は多かれ少なかれあるのかも知れない。

苦手な事をどうこなすか?

長年やっていてもどうしても苦手なことはある。
今日はCSVの取り込みのテストをしたがエラーが発生すると原因を特定させるまでに時間がかかってしまう。
項目数が多かったり、項目をチェックする条件が複雑だったりすると余計に。
最終的にはロジックをステップ実行で追わないと分からない。
その作業も時間がかかる。
苦手意識があると精神的な面で良くない。
苦手だからといって嫌々やってはいけない。
少しでもそこから学んで次に活かす。
その繰り返しだということ。

珍しいこと

珍しいことに1日の予定していた作業が予定通りに終わった。
割り込みの作業もあったけど、引っ張られることは少なく出来た。
こんな事は過去に記憶がないぐらい。
予定通りに行ったら行ったで不安な事が思い浮かんだりするけど、考えないようにする。
今日はスッキリとしよう。

言った言わない

打合せで話した内容を踏まえてシステムの提案をしたが、話した内容に相違があった。
お客さんはこういう事を話したと言われたけど、こちらはそういう捉え方をしていなかった。
資料におこして説明をしていたのだが、それでもずれが起きた。
曖昧な部分をなくすには資料を持って直接話すのが一番。
だけど、それを随時やるには予算がないと出来ない。
なかなか改善できない部分。

見積の曖昧な部分

工数の見積は曖昧な部分が多い。
見積のやり方としては機能毎に難易度のランクを付けて積み上げる方法がある。
難易度の付け方は今までの経験に頼ることが多い。
だいたい過去の見積を参考にする。
そうすると人によって見積金額に差が出てくる。
そこを指摘させると説明ができない。
過去に安い見積を出しているとそれが基準になってしまう。
そうなると厳しい。
どんな見積でも人によって差が出ないようにしないと。
あとは数字の根拠を示せるようにする。
機能設計、結合テストは曖昧になりやすい。
規模に応じての割合を出せば曖昧な部分は無くせるのかなと思う。