新しく学んだ事

業務システムの受託開発を主に行っています。人生日々勉強。日々新しく学んだ事を記します。

説明は焦らず丁寧に

打合せで用意した資料をもとに説明をした。
緊張すると焦って早口になったり、確認を取らずに次へ進んでしまったりすることがある。
間が空くのが怖い気持ちが出るが、ゆっくり丁寧に説明して、確認事項が出てきやすい間の取り方をする必要があると思う。
そうしないと一方的に説明して終わってしまう。
双方から疑問点を確認点が出やすい雰囲気作りを心掛けたい。

過去は過去

前の方が良かったとか、誰々がいた時はもっと出来たとか、頭をよぎることがある。
過去の事を考えても前に進まない。
今いるメンバーで最善を尽くす。
強いチームを作りたい。
気持ちを切らさないようにしていくことが大事。
1日1日成長していくのだから。

変わらないもの

年を取っていくと、事なかれ主義になるというか感情の起伏が少なくなってる。
ただ、根本的な部分は変わらない。
楽しい時の感覚とか。
根本的な部分は残っていたんだなと感じられると、ホッとする。
まだまだ老け込んではいけない。

余計な事を考えられない状態

最近思うこと。
色々と悩みが出るときは気持ちに余裕があるとき。
余裕があるとあれこれと考えて、だんだんとネガティブな方向に行ってしまう。
目の前のやる事に集中できていると悩みはどうでも良くなる。
それが良いのか分からないけど、集中できる時が多ければ多いほど自分にとってはいい方向に行く。

長期休暇

夏期休暇も終わり。
休みに入る前はあれこれやることを考えるけど、結局やれないこともあり。
ただ、スタンフォードの自分を変える教室に書いてあったが、自分を責めすぎると次も同じ事を繰り返してしまうらしい。
自分を認めれば、次は改善できるそう。
やれたこともあるので、また次やれるようにしようと思う。

デグレード

リリースしたプログラムで対応したところ以外で動きが変わっていると問合せをもらった。
調べてみると過去に修正していてリリースしていない処理が入ってしまっていた。
今回対応したところのテストはしていたが、間違いに気付けなかった。
ソース管理で履歴もあったし、資料でも履歴を管理していた。
納品時にチェックが漏れていた。
対応したがリリースしないことはたまにある。
それが誤ってリリースされてしまうと悪い影響が大きくなる。
細心の注意を払うべきところだった。

不安を消せない

夏期休暇間近で休む人も増える。
対応できる人が少なくなると何かあった時に不安になる。
自分の出来る範囲なら良いが、出来ないところもある。
それが起きたときの事を考えてしまう。
考えてもしょうがないんだけど。
出来なかった時の対処法を考えておいて、不安を打ち消せればいいのだけれど。