新しく学んだ事

業務システムの受託開発を主に行っています。人生日々勉強。日々新しく学んだ事を記します。主に仕事帰りの電車の中で書いてます!

パンパン

少しずつ作業が増えてきて、1つ1つに時間を割けなくなってきた。
気持ちの切り替えがなかなか難しいし、中途半端な状態だと、どこまでやったかを思い出す作業も発生する。
こういう時は気持ちに余裕を持てれば良いのだけれど。

年末気分

今年もあと何日と数え始める時期。
このまま無事に年が越せればと思う。
ただここで気を抜かずにやらないと。
気持ちよく新年が迎えられるように。

年末は忘年会、年末ジャンボ、年賀状を書く、クリスマスなどなどイベントがあるので、仕事も遊びもしっかりと!

履歴をつける

とあるデータ修正作業をしたが、修正依頼が立て続けに来たのでどこのデータをを直したかが管理できずに混乱した。
修正履歴は付けていたが、いつ何で依頼を受けたかを管理できていなかった。
何日のメールの何の資料などの情報。
履歴の重要性を痛感。

身から出た錆

最近何かと上手くいかない事が多い。
上手くいかない原因は自分にある。
今までは上手くいってたのかもしれないけど、やり方が頭打ちになっている。
身から出た錆。
ここで錆を出さないと沈むばかり。
沈むか上がるかは自分次第。

金曜終わった後

金曜の仕事が終わった時に、1週間を振り返る余裕がある時は良いなと思う。
仕事が立て込んでいると、振り返る余裕もなく終わってしまう事がよくある。
さらに月曜のやることが整理できてればなお良い。
理想は金曜の仕事の終わりに
・1週間の振り返り
・資料や机周りの掃除
・月曜のやることを整理
これができればスッキリする。

製品を売っている意識

本稼働後に出ている障害で、プログラム作成時に気付けるようなものが多い。
単体テストでは気付けないが、プログラム作成時に疑問を持ちながらやればつぶせた不具合。
考えながらやるのが大切。
設計書に書いてある通りに作っても障害に気付けない。
どれだけ自分の作ったものに責任を持てるか。
製品を売っているんだという意識。
ほんの少しの意識を変えるだけでも大分変わると思う。

原因が特定できれば

障害が発生して調査した時に一番困るのが、現地で発生してる現象がテスト環境で出せない時。
同じデータと同じプログラムでやっているのに出ない時がある。
今回あったのは障害が発生した環境と登録している項目が違っていて確認ができていなかった。
登録した内容を間違えずに確認していれば防げた。
切羽詰まるとそういう事が起こりやすい。

迅速に対応するにはそういう所を改善していかないといけない。